ニキビと食べ物の関係は?

ニキビは食べ物と密接に関連しています。

正しい食生活をすることはニキビが減ることにもつながります。

食事は野菜中心の献立にして、ビタミンやミネラルを多量に取る努力をしましょう。

食物繊維が多く含まれる野菜は、便秘解消という観点でも、ニキビの症状を緩和させます。

ニキビも間違いなく皮膚病の一種です。

わざわざニキビで皮膚科に通院するのも、と少し尻込みしてしまいがちですが、皮膚科に通うとすぐに治りますし、ニキビ跡もできにくいです。

その上、自分で薬局などでニキビ薬を入手するよりも安く済みます。

顔を洗う際、ゴシゴシ洗うと乾燥した肌にはすぐさま傷がつきますから、丁寧に洗うように心がけてください。

かつ、化粧水は手にたんまりと取り、温めるようにしてからお肌に用いましょう。

温度というのが体温に近いと浸透力が一段と高まり、より化粧水が肌に取り込まれやすくなります。

ニキビを搾ると、膿が出てきてしまいます。

さらに潰してしまうと次は芯がでてきます。

これがニキビの元となるのですが、潰して芯を無理に取り除くのは決してオススメはできません。

無理に潰すわけですから、ますます炎症は広がってしまいます。

ニキビの跡が残ることもあるので薬をつけるなどしてゆっくりと治していきましょう。

お肌の渇きを防ぐためには、洗浄力が控えめの刺激が少ないクレンジング剤を使用するようにします。

うまく落とせないポイントメイクは別の専用リムーバーを使い、お肌を傷つけないようにしてください。

顔を洗う際もゴシゴシと擦らないようにしなくてはいけません。

ホイップ状の泡を立てて優しく洗い、なるべくぬるめのお湯でしっかりと流しましょう。

近年では、オールインワン化粧品がもはや常識になりましたね。

その中でもエイジングケアと称したオールインワン化粧品には、各社こぞって力を入れているようです。

配合成分は、コラーゲン、ヒアルロン酸、セラミドなどといわれる保湿と結びつくものがたくさんありますが、アスタキサンチンに話題が集中していることもあり、レッドカラーのエイジングケア化粧品が増え続けています。

ニキビ対応に栄養管理が必須です。

脂質や糖質を多く含んでいる物を摂取し過ぎることはニキビの元になります。

特にチョコは脂質も糖質も多いため、あまり摂り入れ過ぎないようにした方が無難です。

カカオ多分に含有し糖質の少ない物は肌にもいいので、とても食べたい時には成分表を注目しましょう。

繊細な肌の人は、W洗顔不要の化粧落としなどで洗うと、余分な油分が残らずに済みますし、しゃきっとします。

それでもダブル洗顔を希望する場合には、ぬるいお湯で軽く洗い流すくらいにしましょう。

敏感肌は、肌の様子が変わりやすいので、その変化に柔軟に対応していくことがポイントです。

結構前の話ですが、私が20歳の頃、背中が大変な痒みで見てみると、数えきれない吹き出物ができていたんです。

すぐに皮膚科にかかりました。

すると、先生から、「多数の吹き出物をニキビと診断します。

原因は食事が偏ったせいなんですが、脂っこいものばかりの食事になっているんじゃないですか」と怒られてしまいました。

チョコがどの食べ物よりもニキビができやすいそうです。

肌トラブルで一番多いのは乾きによる問題ではないでしょうか。

カサカサ肌はとてもやっかいで、小じわが出来るもとになってしまったり、肌荒れを起こすようになります。

そんなときにお勧めしたいのが、まずは化粧水をつける事です。

肌が一番乾燥しているのはお風呂上りなので、10秒以内を目指して化粧水をつけるのがお勧めです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です